須藤元気の死去のは大デマ。現在は?結婚した嫁と離婚?

投稿者: | 2017年3月8日

今回はレスリング監督、作家、ミュージシャンとマルチに

活躍されている須藤元気さんについてご紹介したいと思います。

須藤 元気(すどう げんき、1978年3月8日 – )は、学生レスリング日本代表監督、拓殖大学レスリング部監督、作家、ミュージシャン、書家、英会話学校代表、映像監督、唎酒師、ソムリエ、タレント。元総合格闘家。東京都江東区出身。サンタモニカカレッジ芸術学部中退、拓殖大学大学院地方政治行政研究科修了。ブラジリアン柔術黒帯。

スポンサードリンク

死去については?

彼を検索すればこのワードが出てきます!

どういうことだ??と調べてみると、

24日午後10時40分ごろから同50分ごろにかけ、
東京都渋谷区桜丘町のコンビニエンスストア店内と路上で、
男性5人が、男に次々と胸を刺されたり、刃物で切りつけられたりした。

5人は病院に運ばれたが、命に別条はない模様。
警視庁渋谷署は連続通り魔事件の疑いがあるとみて、バイクで逃げた男の行方を追っている。

調べでは、同日午後10時40分ごろ、
同区桜丘町のコンビニ店内で、大岩正英さん(18)=世田谷区上馬2=が、
男にいきなり胸を刺された。
さらに、近くの路上で、落合厚彦さん(41)=品川区上大崎1、須藤元気さん(25)=江東区東陽5=ら4人の男性がバイクの男に次々と切りつけられた。
4人のうち3人はバイクに乗っていたところだったという。

男は20歳ぐらい、身長約180センチ。
青色のシャツに黒ズボン姿でサングラスをしており、黒色ヘルメットをかぶり、
ホンダのリオというバイクに乗っていたという。

須藤さんは柔術やレスリングをベースにした総合格闘技の選手。
「K―1」などに出場し、昨年、渋谷のストリートギャングをテーマにした映画「凶気の桜」に出演した。

このように悲惨な事件に巻き込まれていたことが明らかとなりました。

ですが、命に別条はなく、亡くなったというのはデマであることがわかります。

普段から鍛えていたのがこういう時に幸いしたみたいですね。

本当に良かったです。。

スポンサードリンク

 

離婚?

元総合格闘家でダンスパフォーマンスユニット・WORLD ORDERを率いる須藤元気(36)が、昨年の夏に離婚していたことがわかった。ORICON STYLEの取材に対し須藤が事務所を通じてコメントした。
2007年に一般女性と結婚していた須藤は、年が変わった直後の今月1日に、自身のツイッターで「昨年の夏に嫁さんと友達に戻りました」「お互いに別の人生を歩むことにしましたが友達として仲良くしてます」と続けてつぶやき、離婚を報告していた。

このように離婚を報告しています。

それにしても嫁と友達に戻るってww

彼氏、彼女から友達に戻るというのはよく聞く話ですが

婚約者から友達というのは可能なのでしょうかw

いままで聞いたことがありません。

1年以上前から離婚を検討していたという須藤は、離婚に至った理由について 「人生80年時代となった日本で『終身結婚』という制度は生活実態にそぐわないと前から考えていました。元妻とも話し合い、お互いの人生の可能性(いろいろなことに挑戦するという意味)をそこなわないように、夫婦を卒業して良い友だちに戻りました」と説明している。 1年以上前から離婚を検討していたという須藤は、離婚に至った理由について 「人生80年時代となった日本で『終身結婚』という制度は生活実態にそぐわないと前から考えていました。元妻とも話し合い、お互いの人生の可能性(いろいろなことに挑戦するという意味)をそこなわないように、夫婦を卒業して良い友だちに戻りました」と説明している。

なんと今の結婚制度そのものを否定するかのような発言をしています。

これは新しい発想ですね。笑

まあ一夫多妻制にすべきだなどという人も多いので、

結婚に対して様々な考えがあってもいいのかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です