奥山恵美子は刺青を勧めている?自宅は?夫は大学教授?家族は?反日?

投稿者: | 2017年4月7日

今回は日本の政治家である奥山恵美子さん

についてご紹介したいと思います。

1951年、秋田県秋田市生まれ。幼少期から国家公務員だった父親の転勤に伴い各地を転々とした[1]。東北大学経済学部卒業後、仙台市役所に就職。市役所では後に生涯学習課長、女性企画課長、せんだいメディアテーク館長、市民局次長、教育長を歴任し、2007年には仙台副市長に就任中、仙台市教育委員会教員採用試験の合否通知をめぐる不正問題で渦中の人となった[2]

2009年7月、民主党と社会民主党の支援を受けて仙台市長選挙に立候補し当選[3][4]、政令指定都市では初めての女性市長となった。

スポンサードリンク

刺青?

仙台市の奥山恵美子市長は16日、定例の記者会見で職員の入れ墨を
認めるかどうかについて、「即ダメと言うことではないと思う」と語り、
入れ墨をしている職員の分限免職を検討する大阪市の橋下徹市長
とは一線を画す姿勢を示した。

大阪市では、環境局の職員約50人が入れ墨をしていることが判明し
橋下市長は教職員を除く全職員を対象に調査したところ、110人が
「入れ墨をしている」と回答した。

にわかに注目を集める公務員の入れ墨問題に関し、奥山市長は
「昔からの入れ墨の形式から、シールで一定の期間だけ文様を
付けるものもある。海外では入れ墨的なものを楽しんでいるので、
文化の問題として考える必要がある」と述べ、職員への調査を行う
考えはないとした。

奥山恵美子さんは刺青に関して非常に寛容なようですね。

確かに海外ではすでにファッションの一部として取り入れられていますからね。

日本は常にアメリカの後を追っていますから何日本もそうなるのでしょうか、

しかし、日本で墨を入れてしまうと温泉に入れないなど様々な制約

を受けてしまうので、、

受け入れられるにはかなりの時間を有するでしょうね。

スポンサードリンク

 

自宅は?

普段は太白区の自宅で一人暮らし

普段は一人暮らしで仙台に住まわれているみたいですね。

ご家族がいるみたいですが、一緒には暮らしていないみたいです。

 

夫は大学教授?

夫の忠信さん(59)は大学教授、長男(32)は研究員、長女(28)は大学講師という研究者一家で、いずれも関東で働いているが、告示日は家族そろって応援に来た。「楽天的な性格の母親を気遣い、支えてくれている」と感謝を込める。

夫はなんと大学教授!!

そしてお子さんも大学の講師と研究者。

なんと優秀な家族でしょうか。笑

エリート一家すぎるわ。笑

 

家族は?

夫の忠信さん(59)は大学教授、長男(32)は研究員、長女(28)

のさんお4人家族です。なんだかイメージとしては教育に

厳しそうな感じはしますよねー。笑

これだけ優秀なお子さんになるのも納得な気がします。

家では以外とのんびりとしているという可能性もありますね。笑

 

反日?

仙台市と友好姉妹都市提携を結ぶ韓国光州市の慰安婦像はいったん強風の影響で倒壊しましたが、慰安婦像の撤去を含む日韓合意後に修復され、再度設置されました。

このことについて、自民党の斉藤範夫市議は仙台市として抗議することを2017年の仙台市議会第一回定例会で質疑しましたが、奥山市長は「外交と姉妹都市交流は別」と答弁。

このように慰安婦像の再建に味方したことから反日なのか?

と言われたこともありました。しかし、

2017年3月11日の韓国民団宮城県本部
3月11日はどこも半旗あるいは弔旗を掲揚して東日本大震災の犠牲者を追悼していますが、韓国民団だけはそうした配慮が見られませんでした。
このことはパンダとは直接関係ありませんが、奥山市長と仙台市、慰安婦像の設置された友好姉妹都市の光州市、そして宮城県在住の韓国籍の皆様のあり方を考える上で、静かに指摘させていただきます。

このように韓国に対して遺憾を感じている時もありました。

彼女はあくまで公正に中立的な立場にいるのだと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です