キムヨンエの病気の現在は?がんで激やせ?プロフィールあり

投稿者: | 2017年4月9日

今回は韓国の女優であるキム・ヨンエ

さんについてご紹介したいと思います。

俳優名:キム・ヨンエ
ハングル表記:김영애
生年月日:1951年04月21日
年齢:65歳
血液型:A型

スポンサードリンク

病気の現在は?

女優キム・ヨンエがMBCドラマ「太陽を抱く月」の出演当時にガン闘病中だったと告白した。

「太陽を抱く月」で、俳優キム・スヒョンが演じたイ・フォンの祖母、大王大妃ユン氏役で出演したキム・ヨンエは、SBS「良い朝」で「マスコミには徹底して隠したが、当時はガンと死闘を繰り広げていた」と告白した。

彼女は、生放送に近い撮影スケジュールをこなす制作チームに迷惑をかけないために、初期のすい臓ガンという事実を隠したまま2ヶ月の間通院のみで耐え抜いた。体が痛くて大声を出して怒鳴る演技が上手くできなかったため、腰にぐるぐるとヒモを結んで撮影しなければならなかった。

キム・ヨンエは、「ある日、黄疸で倒れて病院に緊急搬送されたが、『過労で入院した』ということにした。ドラマが終わった後に9時間の大手術を受けて、やっと生き返った。手術後体重が40kgに落ちた」と説明した。

彼女は癌で闘病しております。

しかもその事実を隠して仕事をしています。

スポンサードリンク

この時期は相当辛かったでしょうね。。

さらに体重も40キロに落ちて激やせしています。

どうして周囲には隠していたのでしょうか??

あまり周りに心配かけたくなかったのかも

、、

そのプロ根性は本当に素晴らしいですね。

 

本日(9日)、この世を去った女優キム・ヨンエさんの所属事務所がコメントを発表した。

9日、キム・ヨンエさんの所属事務所のスタービレッジエンターテインメントは公式サイトを通じてキム・ヨンエさんの死去を知らせた。所属事務所は「女優キム・ヨンエ氏は2017年4月9日午前10時58分に死去しました。故人は2012年に、すい臓がんの判定を受け手術をしたが、2016年の冬に健康状態が悪化し、延世(ヨンセ) セブランス病院で治療を受けたが、今日、愛する家族が見守る中、旅立ちました」と明らかにした。

故人の殯所は延世セブランス病院の葬儀場。出棺は11日。葬地は盆唐(ブンダン) のメモリアル・パークだ。

故キム・ヨンエさんは1951年生まれで、1971年にデビューし、46年間女優として活動した。

そして9日に闘病の末に亡くなられました。。

膵臓というのは一度悪くしてしまうと無くなる確率

がかなり高いそうですね。

去年の冬頃から体調が悪化して治療を受けていたそうですが

それでも仕事を続けていたみたいです。

その体力とプロ意識には本当に感服いたします。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です