林田尚親の嫁は?本名は?画像あり

投稿者: | 2017年4月18日

今回は俳優である林田尚親さん

についてご紹介したいと思います。

劇団電劇、劇団俳優座、劇団扉座客演を経る。蜷川幸雄演出『春』『王女メディア』出演はその後の活動に大きな影響を与えられた。現在はナレーターとして活動。ジャンルの垣根を越えた仲間たちと舞台作りを行い、演出、構成、俳優としても活動している。明治大学シェイクスピアプロジェクトワークショップ講師。桐朋学園大学演劇科非常勤講師も務めた。

スポンサードリンク

嫁は?

彼の嫁さんは一般人ということで主催な情報

はいまのところはありません。

しかし、娘の大原櫻子さん情報によると、

どうやら歌がかなり上手いいらしく、娘さんと

一緒によく歌っていたそうです。そして料理も上手

であり、まさに理想のお母さんであると言えるでしょうね。

娘さん

大原櫻子が桐朋女子高校(偏差値68)を中退した理由とは?父や母、家族は?

大原櫻子が桐朋女子高校(偏差値68)を中退したわけとは?父や母、家族は?

大原櫻子は、フジテレビドラマ「水球ヤンキース」への出演などで人気が出るようになった女優で歌手です。偏差値68もあるという、名門・桐朋女子高校へ通っていたのに、中退したという噂は本当でしょうか?進学校で有名な桐朋女子高校は、アルバイトや芸能活動などは、もちろん禁止の学校です。

スポンサードリンク

進学校ですから、学業一本なのは当たり前なのかもしれません。中高一貫校の桐朋女子高校に、中学のときから在籍していた大原櫻子。中学2年生の時、芸能事務所に所属することになったときに、学校側から、一度注意を受けたそうです。そして、17歳の時、大原櫻子は、映画のオーディションを受けて、見事ヒロイン役に決まりました。

映画の撮影は何カ月もかかるので、そんなことが分かったら、退学させられていたのではないでしょうか。そのため、オーディションを受けることを決めたときには、大原櫻子は、厳しかった桐朋女子高校から自主退学していたようです。

家庭は結構な英才教育だったらしく、娘さんは非常に

偏差値の高い学校に進学されています。そして何より

美人です!笑

そして学校に在学中に事務所に所属しますが、学校が教育に

厳しいところだったため、注意を受けたとありますね。

芸能を志しているのなら別の高校にするべきだとは思いますが、、

頭の良い学校に行って欲しいという嫁さんの重いかもしれませんね。

大原櫻子は、小学館漫画賞を受賞したこともある人気コミック「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の映画版で主演を務めています。映画版「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のキャストには、ヒロイン小枝理子役に大原櫻子、天才サウンドクリエーター小笠原秋役に佐藤健、クリュードプレイのメンバーヴォーカル坂口瞬役に三浦翔平、ベーシスト篠原心也役に窪田正孝、ギタリスト大野薫役に水田航生、ドラマー矢崎哲平役に浅香航大、小枝理子がヴォーカルを務めるバンドのエレキギター担当君嶋祐一役に吉沢亮、アコースティックギター担当山崎蒼太役に森永悠希など、そうそうたる顔ぶれが揃っています。

卒業後はこのように映画などでバリバリ活躍されています。

本名は?

林田尚親という名前はまぎれもない本名です。

ではなぜ彼の名前で検索すれば本名とでるのでしょうか。

 

それは娘の大原櫻子が理由です。

娘さんの本名は林田さくらこさんだそうです。

少し変わった名前ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です