上川隆也の結婚した嫁とは?画像?難病?子供?年齢は?愛犬がすごい?

今回は俳優である上川隆也さんについてご紹介したいと思います。

生年月日    1965年5月7日

年齢      50歳

出身地     173cm

血液型     A型

所属      ゼロライトイヤーズ

最近ではドラマ、エンジェルハートの主役を演じられており、

かっこいいシーンを何度も連発されておりました。笑

上川隆也の結婚した嫁とは?

川上さんは2009年に結婚されております。

そしてその相手のお名前は小垣外翔さんという、なんと年齢は19歳年下の元舞台女優だそうです。

こちらが嫁さんの画像。

世間では釈由美子さん似と言われているそうですが

私にはあまり分かりませんでした。笑

二人の出会いのきっかけはよくわかっていませんが

友人の紹介などでしょうか??

出会った頃にはすでに女優を引退されていたみたいなので

仕事で出会ったとかではなさそうですが、、

結婚するときにこんな言葉を残しています。

「幸せな時も苦しい時も、お互いを認め励まし合いながら、交際してまいりました」
「守るべき大切な家族を持つことで、役者として、一人の男として、日々精進していきたい」

かっこよすぎます。

まさにライオンハートの主役にぴったりの男ですねw

難病?

小垣外翔さんは難病の膠原病を患っているそうなんです。

✴︎膠原病 (こうげんびょう、: connective tissue disease [disorder]) とは、全身の複数の臓器に炎症が起こり、臓器の機能障害をもたらす一連の疾患群の総称。 この名称は1942年にアメリカの病理学者ポール・クレンペラーが提唱した名称である。[1]クレンペラーは全身性エリテマトーデス全身性硬化症の研究から、病態の主座は結合組織と血管にあると考え、collagen-vascular disease と命名した。これが膠原病と翻訳された。類似疾患概念に、自己免疫疾患リウマチ性疾患、結合組織疾患があるが、膠原病はこの3つが重なった位置にあるとされる。[2]

原因としては、血液中にある抗体細胞核などと反応をして免疫複合体を形成しつつ、『(A)組織に沈着したり、(B)組織を攻撃する』ことで発病すると考えられ、死亡に至る場合もある。

典型的な症状として発熱皮疹・倦怠感・関節痛・関節炎・筋肉痛・内臓病変・レイノー現象などがあげられ、女性に多いのも特徴である。遺伝的要因と環境要因が発症に関与するとされる。慢性に経過し、寛解と再燃を繰り返しながら進行することがある。多くの場合に自己免疫疾患としての機序が関与していると考えられており、完全な病態の解明は、未だ成されていない。

かなりの重病です。しかも原因や治療方法もほとんど確率

されていないだとか。。

女優を引退された理由はこの難病が原因みたいです。

そして、上川隆也さんは難病の彼女を支えるために結婚した

と言っています。

本当に素敵な男性と出会えましたね。。

きれいごとでは絶対できないことだと思います。

末長く幸せであってほしいと思いですね。

子供は?

川上さんと小垣さんとの気になる子供ですが、

現在、奥さんの難病が原因で子供が作れない状態みたいです。

具体的な原因としましては血液が固まりやすい病気のため、

お腹の子供に血液が流れなくなることが原因らしいです。

現在も治療中でこの病気と闘っておられます。

いつか完治して子宝に恵まれることを祈っています

愛犬は?

川上さんの愛犬はノワールという名前です。

綺麗な黒色の毛並みをしていますね。

そして徹子の部屋という番組にこの愛犬と出演

した際には黒柳徹子さんに

「今までの他の犬には悪いんですが、こんなにおとなしい犬は初めてです」

と言わしめたほど。

普段からしっかりとしつけをされていることが伺えます。

(本当に見るからに育ちが良さそうww)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする