勝間和代が発達障害というのはウソではない?娘は?カップは?鼻は?

今回は勝間和代さんについてご紹介したいと思います。

1968年東京生まれ。
経済評論家、中央大学ビジネススクール客員教授。
早稲田大学ファイナンスMBA、慶応大学商学部卒業。
当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。
アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。
現在、株式会社監査と分析取締役、内閣府男女共同参画会議議員、国土交通省社会資本整備審議会委員、中央大学ビジネススクール客員教授として活躍中。

日本の評論家でズバズバした意見を言うことで有名です。

最近では断捨離という本も出版されていますね。

しかし、プロフの履歴を見るとスーパーエリートですね。

眩しすぎて目が潰れてしまいそうです。w

発達障害?

勝間さんは経済評論家ということでテレビなどで大いに活躍されています。

一方で公認会計士や中小企業診断士という難しい資格も持っている上、中央大学の

教授も務めているというスーパーハイスペックの持ち主。

しかし、自身が出版した著書の「勝間和代のクロストーク」で

自身が発達障害であるADHDだということを告白していました。

ADHDとは?

ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。
また、7歳以前に現れ、その状態が継続し、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。

症状は?

症状は、大きく「不注意」「多動性」「衝動性」の3つに分けられ、忘れ物が多い、片付けや整理整頓が苦手、忘れっぽい、静かにすべきところで静かにできない、思いついたら行動してしまう、順番が待てないなどがあるそうです。

この中で勝間和代さんは物忘れが昔から多いらしく、この3つの症状の

中の「不注意」に該当していると思われます。

本人曰く、友達との約束を何度も忘れたり、仕事の打ち合わせの時間

などもこれまでに何度も忘れてしまったこともあると語っています。

このADHDは知能指数の非常に高い人に多いとされていて、

あの有名なスティーブジョブズもこの病気だと言われていますね。

このことから別名で高知能症とも言われているんだとか。

しかし本人はテレビなどにも出てしっかりとお仕事されて

いますので日常生活はさほど問題なくおくれているのだと思います。

娘は?

勝間さんには三人の子供がいますが、これまでに結婚を2回

しています。

三人とも娘さんですがこのなかの長女さんとはとりわけ仲が悪いということで

噂になっています。

長女のブログには勝間さんに対する嫌悪感をあらわにした

文章が綴られていましたね。

「お母さんと初詣に行った。肩に触れてきた時にお母さんを避けたら

お母さんが泣いた」

どうして長女との仲が悪くなってしまったのでしょうか?

その理由は分かっていませんが子供にここまで嫌われるというのは

親からすれば本当に辛いことだと思います。

ちなみに娘さんの画像などは公表されていないそうです。

カップは?

勝間さんが脳科学に関するテレビ番組に出演したときに

脳科学者の方がこのような面白いことを言っていたとブログに書いていました。

例えば、男性に

「どの大きさの胸の女性が好きですか」

と聞くと、アンケートでは

「Cカップ」

と答えるのだそうですが、脳の反応を見ると、実はいちばん反応するのは

「Eカップ」

なんだそうです(笑)。

ただ、それを素直に認めるのが恥ずかしいので、口では

「Cカップ」

と答えるみたいです。

まぁ、自分のことを必ずしも、自分はよくわかっていないですから、難しいですねーーー。

そして、女性側はそれをよく知っているから、豊胸とかがビジネスになるわけですね。しみじみ。

男性はなんだかんだで豊胸が好きなんですね。w

非常に冷静に分析されていますね。

ちなみに本人は?、、

Cくらいでしょうか?w

鼻は?

大きめの鼻でかなり特長的ですよね!

鼻が多きい人は行動的で成功しやすいとも言われています。

勝間さんは高学歴バリバリのキャリアウーマンですから

まさしくお顔の通りということですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする