千住真理子の結婚した夫はパイロット?医師?子供は?離婚?


今回は日本のヴァイオリニストである千住真理子さんん

についてご紹介したいと思います。

千住 真理子は、日本のヴァイオリニスト。ジャパン・アーツ所属。レコードレーベルは、EMIミュージック・ジャパン。慶應義塾大学文学部哲学科卒業。血液型A型。 父は工学博士・千住鎮雄。母はエッセイスト・教育評論家・千住文子。長兄は日本画家・千住博。

スポンサードリンク

夫は?

20代にバイオリンが弾けないことに苦しみながら結婚話を持ち込まれます

相手は20代の医師、4つ上らしいので27~8ってとこですかね

挙式の前にもう一生立ち上がれないほどの現場をみてしまった

と語っており酷く傷ついたそう

それから1年は籍を置いたそうですがきっかり1年で離婚

結婚相手は医者かパイロットのどちらかと言われていました。

どちらも非常に高ステータスな仕事ですが医者の方が正解

みたいですね。

気になるのは一生立ち上がれないほどの現場を見てしまった

ということ。

おそらくこれは旦那が誰か他の女性といる現場を目撃してしまった

のでしょうね。。しかも入籍前ということもあって大ダメージです。

ピュアな女性でしかも初婚の前にこんなのを見てしまったらそりゃ

誰も信用できなくなりますよ。。

この後は一応結婚はしたみたいですが当然うまくいかず

離婚ということに。。

ちなみに医者は離婚することがかなり多いみたいで

その理由としては

医者はモテます。独身で結婚適齢期であれば、あっちからもこっちからも縁談の話が持ち込まれます。外見に自信がない人でも、性格に問題があっても、有名大学出身の医者であれば、問題なく女性が寄ってきます。

結婚後はどうでしょうか?激務の夫は、どうも院内で浮気に走ることが多いように思います。モテるということと、激務のストレスのはけ口、仕事の理解に関する妻への不満が要因と伺えます。

モテるがゆえに浮気してしまうというもの。

医者は医者になるためにこれまで勉強しかしてこなかった可能性が

非常に高い(そうしないと医者になれない)ため、その反動が

きてしまうということなのでしょう。

医者は激務であることから、家庭内のことはすべて妻に任せたいと考えていることが多いでしょう。
そして、妻に対する要求レベルは高いのです。

医者は土日であってもバンバン仕事が入ります。急な呼び出しもあります。
開業医や地方病院の勤務医を除き、都心に勤める勤務医の年収は、平均より高いものの、お金持ちとはいいがたい現状があります。

お金もちを夢見て医者と結婚した妻にとって、現状は甘くないのです。

子供の教育をとってみても、医者の夫は高いレベルを要求します。しかし、激務がゆえに、妻に任せきりのことが多いのです。
子供に問題が生じたとき、夫は妻を責めます。夫婦の共同責任という意識がないことも多いでしょう。

これはヴァイオリンに集中したいという彼女にとっては非常に

不都合ですよね。

お互いが激務であれば当然亀裂が入ってしまいます。

そして30歳での再婚

今度は誠実な相手

しかし前回の結婚前の思い出からか

「この人の希望するような穏やかな結婚生活を私はできそうもない。この先の人生は、ヴァイオリンだけに全てを注ぎ込みたい」

とすぐに離婚してしまいました

しかしこの後このトラウマを乗り越えて一般の方と再婚!

幸せな生活か??と思いきや、、

前回のトラウマはどうやらひきづっていたようでバイオリンに

集中できないということで離婚。

その後はもう仕事に生きると決意しています。

完全に独身の道を選んだというわけですね。

ちなみにお子さんは一人もいません。

子供を作る気はなかったのでしょうね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする