山田スミ子の現在は?若い頃は?結婚は??


今回は日本の女優である山田スミ子さん

についてご紹介したいと思います。

山田 スミ子(やまだ すみこ、公称1951年5月25日 – )は、兵庫県西宮市出身の女優。 本名:山田寿美子。身長155cm、血液型はO型。趣味はゴルフと英語。特技は日舞(深 水流)。神戸海星女子学院高等学校卒業。オールウェイズ所属。元吉本興業所属。

スポンサードリンク

現在は?

彼女は女優として様々な活躍をされていたのですが、

最近テレビでみませんよね。そこで現在は何をしているの?

という声が多く上がっています。

山田スミ子さんの芸風は 新喜劇後輩の#未知やすえ さんに受け継がれていますが、役者としての伸びしろを考えると真の後継者は友近さんではないだろうか?.
その友近さん。芸達者ではあるが、NHK朝ドラへの出演は まだ2作品だけなのです。(※前回出演は『#芋たこなんきん』).
前回はその他大勢的な役であったが、今回の『あさが来た』では主人公のお世話役であり、重要な役どころを演じている。
さて、どんな演技を魅せてくれるのか。楽しみです(^^)。
.
原作からちょっとだけネタバレすると。
このうめさん。『主人公・あさ』が実家(今井家)から嫁入りするのと同時に、 (お付きとして) 一緒に白岡家に帯同します。そして嫁ぎ先でも『うめ』は、『あさ』の身の回りの世話をし、生涯に渡って主人公を陰で支え続けます。
後半に【びっくりぽん】な展開が用意されているみたいです。
なんと!あさの夫である新次郎の側室となり、4人の子どもを授かるそうだ。
今後 話が進むに従って、白岡あさは実業家として忙しい日々を送ることになっていきます。
その際 うめさんが あさの実子の乳母役となり、子守り等の面倒もみるらしい。
ドライやわぁ、今回の朝ドラ主人公!.
素晴らしい結末で、良い【はる】を迎えてほしいですね

なるほど、どうやら自分の技術は後輩に受け継いで

いるようです。本人はもう引退されているのかな??

ぜひもう一度彼女の顔がみたいですね。

スポンサードリンク

若い頃は?

  • 幼い頃から子役として宝塚映画製作所などで活躍していた。

  • 1968年4月に、吉本新喜劇に入団(既に1963年頃から出演していた)。主に、花紀京や岡八郎のマドンナ役を務め、1982年頃までレギュラー出演した。初の女座長。

  • 『あっちこっち丁稚』での「あかんて言うてんのが、分からへんのんか〜!」や「あかん言うてますのに、どないやねんな〜!」と、ヒステリックなセリフを言い放ち、前田五郎をビンタする事は有名。その際、木村アキラが赤い褌姿で、舞台のを平泳ぎしながら走り抜けるというシュールな演出は番組の名物となる。夏休みには、木村進が赤い褌の子供達を従えて登場することが名物となっていた。またその切れる芸風は、未知やすえに受け継がれている。

若い頃から宝塚などで活躍されています。

めっちゃ美人じゃないですかww

スポンサードリンク

結婚は?

彼女は今も結婚されていません。

年齢が年齢なのでこれから先結婚

するというのも可能性としては薄いですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする