前田恒彦の現在の仕事は?創価学会?家族は?出所?


今回は日本の元検察官である前田恒彦さん

についてご紹介したいと思います。

前田 恒彦 (まえだ つねひこ、1967年8月25日 – )は日本の元検察官。大阪地検特捜部 主任検事証拠改ざん事件において逮捕・起訴され、証拠隠滅罪で懲役1年6ヶ月の判決 を受けた。また、法務大臣柳田稔から懲戒免職の処分を受けた。

スポンサードリンク

現在の仕事は?

大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件(おおさかちけんとくそうぶしゅにんけんじしょうこかいざんじけん)とは、2010年(平成22年)9月21日に、大阪地方検察庁特別捜査部所属で、障害者郵便制度悪用事件担当主任検事であった前田恒彦が、証拠物件のフロッピーディスクを改竄したとして証拠隠滅の容疑で、同年10月1日には、当時の上司であった大阪地検元特捜部長・大坪弘道及び元副部長・佐賀元明が、主任検事の前田による故意の証拠の改竄を知りながら、これを隠したとして犯人隠避の容疑で、それぞれ逮捕された事件である[1]

現職の検事で、しかも特捜部の元部長・元副部長・元主任検事が、当時担当事件の職務執行に関連して逮捕されるという、極めて異例の事態となり、検察庁のトップである検事総長・大林宏の辞職の引き金となった。

彼は元々は優秀な検察官だったのですが、、

こちらの改ざん事件により懲戒免職となってしまいました。

優秀な人ゆえに魔がさしてしまったのでしょうか??

そして彼の現在はというとフェイスブックなどで刑事事件

について首を突っ込んだつぶやきをおおくしており、闇を

暴露していくというスタイルでやっているみたいです。笑

評論家?笑 みたいになっているのでしょうか。。

スポンサードリンク

創価学会なの?

今回問題となっている、前田恒彦、大坪弘道、は創価学会員である。■

国会等で創価学会追求の急先鋒である民主党・石井一議員を陥れる目的で村木厚子さん冤罪事件をでっちあげたのである。
■ちなみに、東京地検特捜部の大鶴基成、佐久間達哉、も創価学会員である。■
石井一議員同様、創価学会の天敵である小沢一郎氏を陥れる目的で西松建設事件、陸山会事件、をでっちあげ不当捜査を指揮したのである。
(小沢氏が創価学会の天敵である理由は、宗教法人課税、国会議員比例定数削減、検事総長の国会同意人事、等を提唱し、尚且つ実行力を伴うからである。)
真面目に職務を全うしている多くの検察官、裁判官、警察官、の為にも内部のカルト宗教信者の問題を議論せず、根本的解決は出来ない。

彼は創価学会の一員みたいですね。

立場が高い人はよくこういったものに心の拠り所を

求めるともいいますよね。

スポンサードリンク

家族は?

ご本人はご結婚などはされていないみたいです。

しかし、彼の父親や母親などはこの事件のことを受けて

ショックだったでしょうね。。

出所?

大阪地検特捜部の証拠改ざん事件で証拠隠滅罪に問われ、懲役1年6月が確定した前田恒彦元検事(44)が15日午前、服役先の静岡刑務所(静岡市葵区)を満期で出所した。今後10年経過すれば、弁護士になる資格を得るが、公判では法曹界に戻る意思を否定し、出所後は「何らかの仕事を見つける必要がある。使ってくれるところがあればどこでも」と述べた。

確定判決によると、平成21年7月、主任を務めた厚生労働省文書偽造事件で、押収したフロッピーディスクに記録された文書の最終更新日時を検察側が描く事件の構図に沿うよう書き換えた。

起訴した村木厚子元局長(56)については、公判の被告人質問で「申し訳ない気持ちでいっぱい」と謝罪した。

静岡刑務所から出所されてます。

ちなみに出所後はまったく違う仕事をやっていくと

言及しています。

頭のいい方だけに今後はその頭をいい方向

に使って欲しいですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする