松本隆の結婚した嫁は?家族は?神戸の自宅は?妹は?


今回は日本の作詞家である松本隆

さんについてご紹介したいと思います。

松本 隆(まつもと たかし、1949年7月16日 – )は、兵庫県神戸市在住[1]の日本の作詞家。ロックバンド「はっぴいえんど」の元ドラマー。

東京都港区の青山で生まれた。父は大蔵省の官僚である。港区立青南小学校、慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校卒業。慶應義塾大学商学部中退。中学校から大学まで慶應義塾に通った。

スポンサードリンク

結婚した嫁は?

松本隆さんには1度の離婚歴があるみたいです。

そして現在は再婚されているとの噂もあるのですが

詳しい情報はわかっていません。

元嫁の名前はみさことかアイドルではないのか?

とか色々と推測がなされていました。

しかし、詳細情報がないことを考えればアイドルなど

ではなく一般の方である可能性が非常に強いです。

そしてツイッターではこのようなつぶやきをされています。

嫁に「写真がイマイチね」と言われたので、変えてみた。ホームページを閉じデジタルに強いスタッフがいなくなったんで、全部ぼくの手作業。なんで、暖かい視線で見守ってやってください。

これは一緒に仕事をしている様子をつぶやいたのでしょう。

文章から非常に暖かく理想のような夫婦の雰囲気が伝わってきます。

スポンサードリンク

家族は?

再婚、子供について

いつ再婚されたかわかりませんが、再婚はされていますね!

うちの奥さんが隣りの部屋から、「パパ、誰かに恋でもしたの?」と叫んでる。

子供さんは2人の娘さんがいます。

どうやら奥さんがいて娘さんも二人いらっしゃるみたいですね。

再婚もされてるようとのことですので

家族としては4人でしょうかね。

二人とも今現在の奥さんとの子供なのでしょうか??

きっとお幸せに過ごされている事でしょう。

スポンサードリンク

神戸の自宅は?

自宅は神戸にあるみたいですね。

神戸自宅に撮影クルーが来た。 @ 神戸港 Kobe Port

FBによると松本隆さんは今神戸在住みたい。淡路島にも来てる!びっくりした。^_^

さぞかし豪邸なんでしょうねー。

一度どんな自宅か目にしてみたいものですね。

また、

自宅ではなく取材でいつも借りるお店です。麻布十番の「久太郎」という喫茶店。食べログにも乗ってる。昭和の雰囲気にひたりたいときにどうぞ。 RT @eri_co: 「言葉は音楽」って松本隆さん。港区のビルの谷間の下町風情な家は ご自宅なんだろか

東京の喫茶店に第二の自宅としている喫茶店が

存在するようです。笑

仕事場?みたいなものでしょうかね。

こんなお洒落な場所で作曲していると

自宅よりも作業で捗るんでしょうねー

妹は?

松本隆さんも 「風」を テーマにした曲が多い。

1972年 はっぴいえんど を解散して
作曲家としての仕事を選んだ 松本隆さんは アイドルの曲を作詞。

アグネス・チャン「ポケットいっぱいの秘密」(1974年)6位
太田裕美さん「木綿のハンカチーフ」(1975年)2位
桑名正博さん「セクシャルバイオレットNo,1」1位

しかし30歳の時(1980年)突然 詞が書けなくなる。

その訳は 「妹の死」
生まれつき心臓が弱く 学校へ背負って行った 妹。わずか26年の生涯。

妹を守れなかった虚無感。 病院で看取った後 歩いた渋谷の街。
目の前が色を失い モノクロームのように見えた。

「灰のように見える風景が 冗談じゃなくて あ こういうこともあるんだ と思った。」

彼は妹さんを亡くされています。

そしてその時の心境をこのように歌詞のように

語っていますね。。

ちなみに死因は生まれつき心臓が悪く、それがトリガー

となってしまったみたいです。

目の前の色を失いモノクロームのように感じた。。

この一文だけでいかに彼の心が虚無感でいっぱいに

なってしまったのかを察する事ができます。

本当につらかったのでしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする